ボクのほそ道。徒然なるままに。

食いしん坊の記録です。ジャズが好き。

マッドマックス最新作を観た

マッドマックスシリーズ最新作。今回は主人公のマックスが出てこない。前作「怒りのデス・ロード」の前日弾だから。

マッドマックスは2作目から荒廃した近未来を舞台にする。この世界観がシリーズ化の根幹となる。今回は復讐劇という典型的なフォーマットだか、完成度は前作に劣らない。前作を観ていなくても十分に楽しめる作品といえる。

f:id:hangovers:20240613231304j:image

若きフュリオサを演じるアニャ・テイラー=ジョイは、シャーリーズ・セロンと比べると、華奢で線が細い。配役的に心配したけど、力強い眼力が魅力的で、少女から成長する過程を演じる点で成功している。暗黒の世界に一際輝くヒロインとなった。

それにしても80歳目前のジョージ・ミラー監督の演出力と創作力は脅威である(あやかりたい)。こんなに暴力的で、狂気な世界感を描き続ける映画監督は、古今東西皆無であろう。とはいえ、荒々しい演出は初期作品から変化ないけど。

あっという間の2時間28分だった。次回作も期待大。