ボクのほそ道。徒然なるままに。

食いしん坊の記録です。ジャズが好き。

2024-01-01から1年間の記事一覧

今シーズン初の神宮球場観戦

神宮球場今シーズン初観戦。結果は負け。後半まで接戦だったけど、8回に中継ぎが打たれて大敗。悔しい。 まだ序盤だけど今シーズンのスワローズは、弱点のピッチャーの補強ができてない印象。新加入のピッチャーはいまひとつ。木澤、清水は打たれ、抑えの切…

春の味覚、山菜を求めて

春といえば山菜である。 山国育ちのボクは子供の頃、親父と一緒になって早朝に採りに行ったものだ。今となっては懐かしい思い出である。 山菜の王様はタラの芽。野生のタラノキの高さは2m以上で幹や枝に鋭いトゲがある。タラの芽は先端にあるので、先にフッ…

新規開拓、北千住の立ち飲み屋

北千住の飲み屋街をぶらぶらしていて、数人の行列を見かけた。どうやら立ち飲み居酒屋のようだ。近くには地下鉄の入り口があるが、繁華街でも外れの方で、人通りは少ない場所だ。だから余計に人集りは気になる。 ここは何度も通っているけど人集りの記憶にな…

松戸「湯楽の里」でととのう

同じ趣味を持つ同士は気が合うもの。何度も会っている営業担当が、実はサウナーと知り意気投合。情報交換となる。 お得な入浴施設があるとの情報を得て、松戸市にやってきた。入浴料はなんと670円で、土日はそれに100円増しという驚異の安さ。一昔前のスーパ…

春と桜と公園

春を求めて水元公園にやってきた。 最初にここを訪れた時は、その大規模に驚いた。東京ドームおよそ20個分という都内最大の広さを誇る。とにかく広い。 森林は涼しくて夏場のランニングには最適。森の中を走っている感覚になる。ここは東京であることを忘れ…

西新井のジャズ喫茶「ALTEC」

西新井というとイメージが悪い(失礼)。数年前は新築マンション売れ残っていた。今では信じられないことだけど。 東武スカイツリーライン西新井駅前は再開発が進む。駅から西へと続く「さくら参道」は、その名の通り桜並木が美しい。今日はほぼ満開で歩くだ…

春の「すみだリバーウォーク」を渡る

東京は桜が見頃になった。こうなると春の訪れを体感したくなる。急に思い立って隅田川に向かった。 吾妻橋から桜橋の間は、古くから桜の名所として知られる。今年も「隅田公園桜まつり」が開催していた。遅咲きで期間7日までは早いかもしれない。 今夜は夜桜…

浅草一押し中華レストラン

かつて浅草に「萬里楼」という中華料理店があった。本格中華を提供していて人気があったが、突然閉店してしまった。山椒が効いた麻婆豆腐が好きでよく通っていたので、とても残念だった。 そのオーナーが時を経て「中華レストラン パンダ」を開店した。場所…

鈴木みのるショップ

格闘技のなかではプロレスが好き。というより他の格闘技はほとんど観ない。一発で相手がダウンしてしまう刹那な闘いより、倒れても何度も立ち上がって死力を尽くす闘いが好きだ。 プロレスには勝敗が決着するまでドラマがある。しっかり相手の技を受けて、自…

名湯別所温泉にゆく

信州上田といえば「サマーウォーズ」の舞台となった場所。上田電鉄線に乗るシーンで伊勢山に向かいますが、実際には別所温泉行き。近くをマイカーで移動中に突然思い立って、温泉街を見たくなった。 上田市内から北へ向かう。この辺りは池が多いことに気づく…

石芝のコシの強いうどん

松本市石芝。石川島芝浦機械の松本本社工場があることから『石芝』という地名がつけられた。石芝3丁目にはかつて競馬場があったようだが、その遺構は全くない。現在はちょっとした町になっていて、巨大な工場によって繁栄したであろう面影を残している。 小…

サウナ充実の「シンおぶ〜」

ホームサウナである「林檎の湯屋 おぶ〜」に行くと入り口に看板が。リニューアル工事が完了し、セルフロウリュウサウナと露天水風呂が4月1日オープンとある。 明日からか。残念。いや、今日はプレオープンと知る。これは楽しみ。 進化する「おぶ〜」は、この…

力強い麺の美味しさ

信州上田に食通を唸らせる麺職人がいる。細麺から太麺まで。自家製粉した数種類のこだわりの麺を打ち分ける。評判を呼び全国からラーメン好きが集う。 場所は山麓沿いにある。周辺は静かな住宅地で他にお店はない。外観はラーメン屋らしくないし、注意してな…

南柏の「すみれ」でととのう

新聞の特集記事で、関東地域オススメのサウナが数件紹介されていた。その1つが柏市にある「南柏天然温泉 すみれ」であった。いつかは訪れようとチェックしていて、今回念願が叶うこととなった。 最寄は南柏駅であるが、徒歩だとちょっと距離があるから、お客…

東京の味噌ラーメンNo. 1

我が家のBlu-rayレコーダーは、お気に入り登録機能があって、好みの番組が自動録画されるように設定している。当然ながらグルメ番組が保管されている。 新番組であろうBS-TBSで「ラーメンを食べる。」が録画されていた。早朝の仕込みから厨房にカメラが入り…

新宿3丁目の老舗居酒屋

気になったお店はGoogleマップに保存している。たまに見返すとあまりにも「保存済み」が多い。一体何が気になって保存したのか忘れている。 新宿にいてマップを開いたら、老舗の居酒屋が保存されていた。場所は新宿3丁目。落語の聖地、末広亭があるこの一帯…

「洋食Edoya」が白金で復活

かつて麻布十番にあった「洋食エドヤ」。店の前を通る度に行列だった人気の老舗洋食屋さんで、ビブグルマンに掲載され更に人気に拍車がかかる。なかなか行くことができず、機会を伺っているうちに、ビルの建て替えで突然閉店してしまった。 場所柄、著名人も…

ラルフローレンを買い込む

ファッションにはあまりこだわりはないが、ラルフローレンは好きなブランド。ファミリーセールは以前から案内を頂いていたが、予約はすぐに一杯になる人気ぶり。今回初めて入場券をゲットできた。 会場は平和島の東京流通センター展示場。最寄は東京モノレー…

モノリスな鰤大根

渋谷を歩いていたら、見覚えのある店舗に偶然遭遇した。記憶を辿ると植野食堂で紹介された居酒屋のはずだと、さっそくホームページでチェックする。そうだ、鰤大根が名物の店だった。 外から見ると店内は一杯の様子だったけど、一か八か訊いたら、1時間くら…

SONYを再生したリーダー

人々の想像を超えるものを創出するソニー。好きなブランドの1つだ。革新的な製品を次々と生み出してきた歴史。特にカセットケースと同じ小ささのウォークマンが発売された時の衝撃は、今でも忘れられない。 そんなソニーも一時勢いを失い低迷する。苦境のな…

穴場の温泉を満喫

松本市在住の方にから、絶対オススメの温泉があると訊いた。松本市内から上高地に向かう野麦街道の途中にあって、わかりにくい場所だという。 ナビをセットして、教えてもらった日帰り入浴温泉に向かう。松本電鉄の新島々駅を通り過ぎ、左手を注視していると…

信州山形村のカレーそば

蕎麦の産地である信州には、いくつかのご当地そばが存在する。そのなかの1つに『やまっちそば』がある。山形村の名物そばの名称で、村の特産である粘り気の強い長芋を麺状に切ってそばに乗せたオリジナル。 以前、巣鴨にある「手打ちそば 菊谷」に伺った際…

ポークソテーの高級な香り

高級感漂う巨大な扉を目の前にすると、最初は誰もがたじろぐであろう。飲食店の入口としては立派過ぎて、来るものを阻む威力を放つ。店舗が客を選ぶのだ。勇者は誇りを持って、重厚な扉を開ける。 初めて2階に通された。平日14時近いのにほぼ満席。若者や親…

竜泉の湯で傷を癒す

初めて「竜泉の湯 草加谷塚店」を訪問。日曜日の夜ということもあってか、大変な混雑ぶり。子供連れが目立つのは、場所柄もあるだろう。夕方以降なら空いてくると踏んでいたが、大間違いだった。 同じグループの「スパメッツァおおたか」とほぼ同様な設計の…

奥渋のジャズ喫茶

奥渋にあるジャズ喫茶に久しぶりの訪問。場所はビルの4階になるが、エレベーターには人集りがあって驚く。仕方なく階段を上る。 先程の人々は2階に最近出来た「人類みな家族」という名のラーメン店が目当てらしい。大阪発祥の有名店「人類みな麺類」系(行列…

奥渋にある名物、サバの味噌煮

渋谷駅から代々木八幡までの散策は、お気に入りのコース。途中の神谷町はここ数年『奥渋』といわれる注目のエリアとなり、歩くたびに変化を肌で感じてきた。 渋谷駅周辺と異なり閑静な雰囲気を残すが、最近はお洒落なカフェや雑貨屋さんなどが増加して、ずい…

エリセ監督の新作「瞳をとじて」を観る

ビクトル・エリセ監督作品としては実に31年ぶりの長編である新作を観た。彼は寡作な作家で、撮った長編は今まで3本しかない。 「エル・スール」「マルメロの陽光」、そして、ボクが観てきた映画のなかで、生涯のナンバーワンといっても過言ではない「ミツバ…

渋谷サウナスに潜入

サウナーのバイブルともいえる⼈気の漫画「サ道」。その原作者であるタナカカツキさんが総合プロデュースをしたサウナ施設「渋谷SAUNAS(サウナス)」を初訪問。「サ」の字はサ道でお馴染みのロゴ。否が応でも期待してしまう。 建物はなんかラブホテルみたい…

男と女の坂

高尾山に行った時、途中で道が二手に分かれる場所に遭遇した。急な階段道の「男坂」と、なだらかな坂道の「女坂」。一瞬どちらの道に進もうか、考える人は多いんじゃないかな。ボクはそうでした。 これ以降、男坂・女坂というのを意識するようになった。高尾…

リーズナブルな中華ランチ

見慣れているとはいえ、信じられないほど多くの観光客で賑わう浅草。海外客相手の高額な店も増えている。今のうちに儲けようとする魂胆がみえみえである。まあ、商売の基本なんでしょうけど。 観光地価格ならなおさらであろう。インフレ進行中の背景は理解し…